キャッシングの申し込みをしても審査に通らなければお金を借りることは出来ません。どういう理由で、審査に落とされることがあるものなのでしょう。正社員として働いており、月々の収入が高めな人でも、キャッシングの審査に通らないことがあります。大手の企業でバリバリ働いているような人でも、勤めてから数ヶ月だと、審査では断られます。現在の職業についてまだ日数がたったいないような人は、いくら月収が高くても、収入が安定しているとは言い切れません。現在の仕事についてから数ヶ月しか経っていない状態では、また仕事を失ってしまう可能性を考慮されてしまいます。審査の申込み時に記入した借入希望金額が、収入に対して随分と高い場合も、審査に落ちる可能性が高くなります。消費者金融会社がお金を貸し付ける時には、総量規制という決まりがあるので、年収の3分の1以下の貸付金額に留まっています。申込時の書類内容に、不備や虚偽がある場合は審査ではマイナスに評価されます。案外このパターンは多いようです。キャッシングの審査では、会社名や、会社の住所、勤続年数などを正しく書かなければ、事実と照合された時に虚偽内容と判断されます。何社かのキャッシング会社に融資の申込みをしている人は、お金のやりくりに行き詰まっていると見なされて、返済能力を不安視されます。可能なら、立て続けにキャッシング会社に申し込むのではなく、一月程度は間隔をつくるようにしてください。