消費者金融会社と、銀行とでは、金利に違いがあることが歴然としています。金利が高いほうが消費者金融会社であり、銀行はより低い金利で融資が受けられます。金融会社からお金を借り入れるという部分では一致していますが、銀行と、消費者金融とでは差があります。お金を借りる時に、何に使うものなのかを、銀行では明示する必要があります。家を購入したいという目的を実現するためや、設備投資を行うためという目的がまず設定されて、そのためにいる分だけのお金を融資してもらいます。銀行が融資についての審査をする場合、申込み者の収入や資産について調べるだけでなく、購入予定の家屋などについても審査をして、判断をしています。金利や、貸付金額も含めて審査で検討されるため、申込みをしても、希望額がそのまま借りられるとは限らないというネックがあります。多くの場合、銀行は融資をする時に入念に審査をして、担保となる土地や建物の評価や、申込み者の信用の程度について確認した上で判断するので、労力がかかっています。これに対して、消費者金融会社のキャッシングは、借りたお金の使い道にも限定はなく、審査の基準もかなり緩めです。銀行の目的型ローンに対して、消費者金融会社のキャッシングはフリーローンという場合もあります。ただし、消費者金融会社からお金を借りようとすると、金利が高く設定されがちです。借りたお金を返せなかったという人がいても、ある程度のもうけは確保できるように、金利は高くせさせるをえません。