銀行も通常の融資だけではなく、最近はキャッシングにも参入してきています。従来どおり、消費者金融会社のキャッシングを使っている人も少なくありませんが、キャッシング業を営む会社が多くなり、サービスの競争が盛んに行われています。キャッシングサービスはとても便利になっています。かつては店舗窓口まで行かなければならなかった申込みが、ネット経由で行えるようになっています。身分証明ができる書類を提示する場合は、スキャナやスマホのカメラ機能を利用して画像を送信するだけでいいので、あっという間に手続きが完了します。申込み後の審査でOKが出れば、借り入れや、返済手続きもネットを介して行えますので、キャッシングを使うために店舗に行く必要がありません。便利なサービスをしているのは大手の消費者金融会社ですが、ひと昔のサービスと比べてるととても便利に利用できるようになってきました。消費者金融会社の多くは、最初の1か月間に限り、金利が無料になるといった無利息キャンペーンを行っています。金額や返済期日に条件は設定されますが、利息なしでお金を借りられるということから、利用する人が増えていて、便利に活用されています。銀行も、これまでどおりの業務にプラスして、キャッシングもするようになっています。高めの金利で融資ができることから、銀行にとってもキャッシングサービスはとても魅力的な業務であり、地方の銀行も積極的に行っています。これまでの銀行のローンは低金利で貸し付けなければならないことから、利益率がそれほど高くなりません。そのため、金利が高いキャッシングに活路を見出す銀行もあります。銀行で借りるからと言っても、通常の消費者金融のキャッシングと変わりありませんので、借り入れは少なめにしてできるだけ早めに返済することが重要です。