納得のいくフリーローンの使い方をするには、フリーローンの魅力だけでなく、フリーローンを使うリスクに関しても知っておきましょう。金融サービスには、カードローンという、フリーローンに近いものがあります。契約時に決めた限度額以下なら、何回でも融資が受けられることが、カードローンの特徴的な点です。フリーローンの場合、借りたお金を返したら、そのローンはそれで終了です。次の融資申込みにはまた審査が必要です。使い勝手の面からいえば、フリーローンのほうがカードローンより不便そうにも見えますが、借りたお金を毎回きちんと返すという点から見れば、フリーローンのほうが明確です。日頃から家計のやりくりが難しく、次の入金日までキャッシングでしのぎたいという人は、フリーローンのような追加融資ができない金融商品は、都合が悪いこともあります。金利を比べてみると、カードローンと、フリーローンとでは、カードローンのほうが高金利であるケースが多いと言われているようです。審査のやり方は大体同じようなものですが、フリーローンの審査のほうがクリアしやすいという特徴を持っているようです。金融会社からすれば、借りたお金を完済するつもりで融資を受ける人のほうが、安心してお金の貸し付けができるわけです。繰り返し融資を受けることを想定しない人や、金利が低ければ低いほどいいという人は、フリーローンを希望して申込みをするといいようです。カードローンと違って、フリーローンは即日融資のサービスがないことが多いので、すぐにお金を借りたい場合はカードローンがおすすめです。現金調達が早ければ早いほどいい場合は、フリーローンに申し込むと融資まで1週間ほどかかることがありますので、要注意です。