消費者金融のフリーローンの利息が銀行の融資などに比べて高いのには理由があります。消費者金融でキャッシングをするときによく見かけるのがフリーローンです。フリーローンは何がフリーなのかというと、使い道がフリーつまり自由という意味です。融資金の用途を契約書類上ではっきりさせることが、銀行のローンの前提です。銀行は、何に使うお金なのかも含めて審査し、借り入れ金額や利息を決定します。低金利で融資を受けられるローンの代表的なものは、住宅ローンの借り入れです。新しいビジネスを始める時の融資などリスクの高い場合には利息が高くなる傾向があります。銀行は利息を融資の内容によって差がありますが、フリーローンは使い道が全くの自由ですので、利息は当然高くなります。住宅ローンの利息などは1%台ですが、フリーローンだと消費者金融では20%弱になってしまいますが、これはとても高い利息と言えます。金融会社の立場からすれば、フリーローンにしてお金を貸すと、どんなふうに使っているかがわからず、返済見込みも立ちにくくなります。また、消費者金融会社から融資を受ける人の場合、金銭的に困窮している人が少なくないので、返済不能リスクが高くなってしまいがちです。高金利のフリーローンをつかわざるをえない場合は、返済日を少しでも前倒しにすることで、利息を小さく抑えることができます。