金融後進国日本において無担保でローンを組むことができるのでしょうか。この頃は、多くの人がローンを利用しています。買い物をする時など、高額のお金が動くときには便利です。お金を全く借りないで生活をしている人を見つける方が難しくなっていきています。数多くの人が、月々の収入のうちの一部を返済に回しているようです。こういた人は、どういうお金の借り方をしているのでしょう。お金の借入先として考えられる金融融機関はいくつかあり、融資が難しい順に並べていくと政府系金融機関、民間銀行、消費者金融、闇金となります。闇金融は論外ですが、それ以外の金融機関から融資を受ける時には、個人の信用を担保にして無担保での借り入れが可能です。マイホームを建てる為の資金や事業用資金等の金額が大きい場合には、無担保で借りることができません。返すあてがあって借りていた金額でも、思いがけないトラブルで返済が滞ることもあります。その場合、損をするのはお金を貸した金融機関になります。もし無担保でローンできる人がいたとしたら、その背景には圧倒的な与信力の高い連帯保証人がいるはずです。大抵の人は、無担保でローンを組むことを希望しても、金融会社がそれを認めることはありません。海外の銀行では信用のおける人や会社には惜しまずお金を貸してくれますが、日本の金融機関では担保が無ければお金を貸すことはしません。無担保で融資を行うと、貸し倒れリスクがとても大きなものになりますので、金融会社はどうしても担保が必要になるわけです。