破産者が融資を受けたいときは、まず最初に口コミで調べてみることが大切です。かつて自己破産をしたことがある人は、信用情報会社にその情報が入ります。信用情報会社にキャッシング履歴の照会をすることで、金融機関は審査による判断を行っています。過去に自己破産をしたことがある人に対しては、キャッシング会社が融資をすることはありません。自己破産の記録は永久に残るものでは無いため、5~10年間経過すれば削除されるようになっています。つまり、信用情報会社の情報が消去されていば、金融機関への新規融資は問題なく受けられるわけです。記録に残っている期間は決して短くないため、それまでの間にどうしても融資を受けなければならない状況なることもあります。状況によっては、破産者の状態でも、審査をクリアし新規の融資が受けられます。破産者の情報が残っている場合は、メジャーな消費者金融会社や、銀行は、審査をクリアできないでしょう。しかし、中小規模の消費者金融会社の中には、破産者に対しても融通がきくところがあります。中小の場合はあまり宣伝をしていないため、口コミでどこであれば利用できるのか調べることができます。ただし、破産者の立場につけ込んで、高金利の貸し付けを行ってくるような非合法な金融会社もありますので、安心して借りられるところを探しましょう。