もしも、破産者が融資を求めた場合、安心して借り入れはできるものでしょうか。一度自己破産をしたことがある人が、死ぬまでずっと新たな融資を受けられないということはありません。信用情報会社が保管している個人の信用記録は期限が設けられており、決まった時間がたてば記録はなくなります。ただし、破産者が新規融資を求めても、信用情報会社から事故情報の記録が消えるまでには長い時間がかかります。複数の信用情報会社が存在していますが、多くの場合、自己破産の情報については5年は残っているようです。自己破産をしてから5年以上がたっていれば、それが原因で審査に落ちることはないようです。大抵の金融機関は、直近5年以内に破産をしていれば、新たな融資を行いませんが、時には例外も存在しています。いくつかの金融機関から情報収集をすることで、破産者に対しても融資を行っているキャッシング会社と出会えるかもしれません。金利は平均よりずっと高いけれど、破産者でもお金を貸してくれるという違法な金融会社は、少なからずいるといいます。借り入れ先が見つからない人に言葉巧みに寄っていって、高金利をふっかるのが闇金融の手口です。金利や、貸付限度額をきちん把握した上で、どんな条件で融資を受けるかを確認しておきましょう。破産者のままで、別の金融機関に申込み手続きを行っても審査には通りにくいので、信用情報会社の情報が消えてからにしましょう。