金利について考える時は、住宅ローンの場合固定金利と変動金利のどちにするかなど、考えるべきことがあります。と現在の住宅ローンの金利については、ここ数年は常に低水準を維持し続けています。住宅を購入するために住宅ローンを利用するならば、今が最もいい時であると言うことができます。新規の住宅ローンを組む時は、変動金利と固定金利のどっちを選ぶかを決めなければならず、難しい問題になっています。固定金利は金融機関が変動リスクを負うものであり、変動金利は顧客サイドが変動リスクを負っていると言うことができます。変動金利の住宅ローンの方が金利が低く抑えられているので、返済金額を少なくすることが出来ます。住宅ローンの借り入れを行う時には、できるだ金利を低くしたいと考える人が多いですが、変動金利と、固定金利を考える上では、知っておくべきことがあります。金利が急上昇し始める様な事が生じた場合の対抗策を考える事も必要です。返済できるぎりぎりの金額を毎月支払っていたら、もしものことがあった時に対処できませんので、返済金額は余裕を持って決めましょう。いざという時のための資金があれば、金利が上昇して利息が増額されそうな場合には、先手を打って多めに返してしまうことができます。金利動向を見極めて、前倒しでの返済を済ませてしまうことで、返済総額を少なくすることができるわけです。変動金利で金利の低さを享受しつつ、この繰り上げ返済準備のできる住宅ローンを組む事が、リスクを考えた方法と言えます。