融資を受けている時に、返済が終わる前に金利が変わって、予定額より利息が増えるということは考えられるでしょうか。万が一にも金利が途中が上方修正されてしまったら、支払い予定だった金額だけでは返済ができないということにもなります。キャッシング会社のサイトでも、金利が増える可能性については一切書かれていないため、不安になってしまうという方もいます。キャッシングの借り入れ中に、金利が増えるということは起きないことといえます。ただし、今の分を完済してからなら、金利の見直しを行う場合もあるようです。金利が変わるタイミングは、借りたお金の返済が一段落してからということになっています。途中で金利が変わると、返済に必要な金額がややこしくなるからです。とはいえ、これは期日までにきちんと返済をしている場合の話であり、返済が遅くなった時のペナルティは別問題です。未払いの元金がまだたくさんあるときに、金利の大幅見直しがされると、影響が大きくなりすぎて、利息がものすごく高くなってしまうという可能性もあります。もしも、金利が見直されると、完済までの予定を大幅に修正しなければいけなくなりますので、返済を滞らせないようにしましょう。月々の返済をきちんと行うことで、金利が高くなって利息が増えるという事態を回避することができます。利息を増やさないようにするには、借入時に取り決めた返済条件をしっかり守ってお金を返すことです。基本的に、金融会社から借りた金利が、途中で変更されるということはないですが、滞納などの問題が起きると、金利が高くなってしまう場合もあります。